HOME >> 太陽光発電

太陽光発電ってホントはどうなの?

太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付け、太陽の光で電気をつくります。
つくった電気は実際にご家庭で使用して、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。

災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気を使うことができる、環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムです。

ここ最近で一番脚光をあびている太陽光発電システム。
関西電力のCMでは『太陽光発電はオール電化がお得』
大阪ガスは上戸彩さんとかわいい動物キャラクターで『太陽光発電はガスと組み合わせるのが♪』
という感じで火花をちらして競争していますね。
例によって、それぞれに有利な試算表でお客さんを惑わしています(笑)

さて、その太陽光発電ですが、これは給湯器や調理器具などと違い生活する上では必要のないものです。
だから設置することによって得しなければ、地球にほんの少しだけ感謝される設備だということなんです。
得するの?この質問の答えはYES、得します。
細かくはここではふれませんが、先をみた投資だと考えるとどんな金融商品よりも利回りがいいのではないでしょうか。

ただし、
これは売電価格が40円以上で買い取ってくれる平成22年度と23年度に設置しないと効果が薄くなってしまいます。
今ほど自分の家がマンションであることを悔しく思う時はありません(マンションじゃ設置できないですから・・・)

太陽光発電の仕組み

太陽の光エネルギーを吸収して電気に変える【1.太陽電池モジュール】で太陽の光から電気をつくり、

太陽電池で発電した電気を、【2.パワーコンディショナー】と接続箱で集めて、実際に家庭で使用できる電力に変換します。

【3.分電盤】を通って家中に電気を送ります。
発電が少ないときは、電力会社より電力を購入、発電量が多くて使いきれない時は電力会社へ売ることができます。

【4.買電メーター・売電メーター】の2つのメーターで自動的にその区別を行います

天候による発電の傾向の変化

平均的な一般家庭で消費する電力量は、年間約3600kWhなので、これは定格出力3〜4kWの太陽光発電システムによってまかなうことが可能です。

晴れた日中には発電効果がもっとも大きくなり、電力会社に売電する量も大きくなりますが、
曇りの日は、あまり発電できなくなります。その場合には、不足分の電気を電力会社から買って使う事となります。

一方、真夏の晴れた日には冷房などの利用が増加し、一年でもっとも電力利用が増加します。

また、電力供給がもっとも切迫する真夏に、太陽光発電を設置していることにより、削減電力の消費量を抑えることができます。

太陽光発電設置のメリット

太陽光発電のメリットをご紹介します。太陽光発電は、環境にやさしいだけではなく、経済効果も期待できます

無料見積り依頼
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ