HOME >> 知らずにリフォームすると損してしまう。あなたの家庭はどのリフォーム?

エコキュートとエコウィル本当はどっちがお得?

ガス給湯器の寿命は平均12年から15年くらいと言われています。
買い替えのタイミングの前に是非とも知っておいてほしいことがあります。

最近では、家電などでもエコ商品が世の中に浸透してきました。
エアコンなどでも、最初にかかるお金は多少高くついても、長い目で見れば、
エコ製品のほうがランニングコストが安くてお得であるというのは周知の事実となっています。

世界中で地球温暖化が問題となるなか、日本でもエコ家電やエコカーに補助金や減税などの優遇処置をとりCO2(二酸化炭素)を減らす政策が次々に施行されています。

実は住宅設備機器でも、このようなエコ製品が徐々に増えてきています。
家電に比べて住宅設備は金額も高くなるので、知らないと大損してしまうことにもなりかねません。

  ふつうの給湯器 エコジョーズ エコウィル エコキュート
特徴   ふつうの給湯器より高性能 効率よくお湯が作れる ガスで電気をつくるその時でる熱でお湯をわかす 深夜電力でお湯をわかす
床暖房カワック
機種により可

床暖房なら断然これ

パワー不足
光熱費削減
▲15,000円/年

▲47,000円/年

▲60,000円/年
補助金
20,000円

112,000円

40,000円
初期費用
(補助金利用で)

約15万円

約20万円

約58万円

約46万円
13年間の
トータルコスト
(初期+給湯代)

約111万円

約96万円

約93万円
(床暖房料金含む)

64万円
コメント 初期費用は安いけどランニングコストを考えると、一番お高い買い物になります。アパートの大家さん向け。 初期費用もそれほど高くないのに、従来より光熱費がおさえられます。従来の給湯機と同じ大きさなので、設置場所に困りません。 床暖房をお考えなら絶対にエコウィル!床暖房&カワックを使っても、これまでの光熱費より安くなります。 とにかく光熱費をおさえたい方はダントツでエコキュート!!床暖房をしない方は絶対これ!
無料見積り依頼
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ