健康住宅

自信をもっておすすめいたします。マイナスイオンあふれる自然素材の『健康住宅』

近年、新築やリフォーム後の住宅に住むことで頭痛やめまいなどの症状を引き起こす『シックハウス症候群』が問題になっています。アレルギー疾患をもつ子供が過去数十年間で数倍にもふえ小学生の3人にひとりがアレルギーをもっていると言われています。現在ではアレルギーや喘息、アトピー性皮膚炎は食物の問題だけでないことは社会的にも広く認知されています。しかし、シックハウスやアレルギーは個人差があるうえ、症状も様々あり、実態がつかみにくい疾患であると言えます。2003年に改正された建築基準法においてもホルムアルデヒドやトルエンなどの代表的な13の化学物質の基準は設けていますが、実際にはシックハウスを引き起こす化学物質は100種類を超えるほど存在していると言われています。現在の住宅関係やリフォーム関係の業界での『シックハウス対策』では、おおまかな基準で対策しているにすぎず個々のアレルギーの問題についてカバーしきれているとは残念ながら言えません。今後は我々建築業者も、そしてお客様のほうでも、もっと踏み込んだ『シックハウス対策』が必要だと言えるのではないでしょうか。

『健康住宅』を基本に、お客様のための住まいづくり

私たちトータルホームではこのような問題について、これまで多くの研究機関が調査・実証してきたデータに基づいて住まい造りに取り組んでいます。そこでキーワードとなる言葉が『自然素材』『マイナスイオン』です。これらの言葉は私たちの社会にすっかり定着した観がありますが、実際にどういうものなのかと言われれば返答に困るひとも少なからずいっらしゃるでしょう。明日の子供たちの為となる『シックハウス対策』は決して多くのお金をかけなければ出来ないものではありません。私たちトータルホームは『健康住宅』を基本に住まいづくりを考えています。

*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ